Tomorrow Is Another Day ~明日は明日の風が吹く~

旅行、マイル・ポイントが大好きな大学生です。JALカードnavi、三井住友VISAデビュープラスカードを主に使っています。

【朗報】楽天学割、在学中無料に

先日、楽天学割から「楽天学割ニュース」(メール)が届きました。

 

一応、楽天学割ニュースの配信は登録していますが、初めて来たので、なんだろうと思って見てみると...、

なんと、楽天学割の年会費が無料になるそうです。

Yahoo!ニュースも出てました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00000002-sh_mar-sci

これは大朗報ですね‼これまでは年会費1780円(月額148円)ほどかかっていたものがサービスはそのままに無料化されるようです。

 

楽天学割のサービスについては、また別途解説記事を書きたいと思います。もう少々お待ちください。

 無料化の背景

やはり、無料化の背景としてあるのは競争の激化でしょう。Amazonも「Amazon student」という学割サービスを提供しており、こちらは年会費1900円と、有料になっています。

楽天学割の1780円というこれまでの価格設定はAmazonを意識していたと思われますが、Amazonを捉えるにはインパクトに欠けた、ということだと思います。

cards.hateblo.jp

この「クレジットカードの読みもの」様のブログでも触れられている通り、今では楽天Amazonに完敗している状況であることには間違いありません。学生の友人の間でもAmazonは使っても楽天は使わない、という人が多いような印象を受けます。

やはりAmazonの使いやすさは秀逸です。ポイントサイトにAmazonがあり、Amazonポイントがマイルに換えられるようになれば、私も間違いなくAmazonを使うでしょう。

 

楽天としてはこの状況を打開するため、先手を打って「無料」という新たな魅力を発信する戦略に出たのだと思われます。Amazon studentが追随して無料化するかは見ものです。

有料の旧「楽天学割」は価値のあるものだったのか。

以下は記事ネタとして温めていたものでしたが、楽天学割が無料化して用済みになってしまったものです。既に過去の情報となっている部分もありますのでご注意ください。

 

私はまだ最初の半年間の無料期間だったので年会費を払った訳ではありませんでしたが、無料期間が終わって、有料でも継続するかはちょっと悩んでいました。

実際のところ、年会費分は今のペースでいけば、十分元が取れるペースではありました。やはり楽天ブックスでのポイント10倍が効いてます。

 

これまでに楽天学割での特典で得たポイントは以下の通りです。

  • 2016年7月利用分(8/20付与)【楽天ブックス】ポイント10倍特典:322ポイント
  • 2016年8月利用分(9/20付与)【楽天ブックス】同上:400ポイント
  • 2016年9月利用分(10/20付与)【楽天ブックス】同上:243ポイント

これだけでもポイント獲得ポイントが一月当たりの年会費を上回っていることが分かると思います。

 

miletabi.hatenablog.com

 この記事で書いたように、講義の教科書を楽天ブックスで購入するだけでも、けっこうなポイントが貯まると思います。中古本ではなく、新品の教科書がいい、という人にはおススメです。

 

この楽天学割の「楽天ブックスポイント10倍」でのポイントは3カ月の期間限定ポイントとなっている点だけは注意が必要かと思いますが、ツルハ(ウェルネスなど)でも使えるようになったので、失効することはほぼないでしょう。

まとめ

楽天スーパーポイントANA派のポイント制度ではありますが、有力なJAL派のネット通販サイトが不在の中、学割サービスがあり、ポイントが貯まりやすい楽天は、学生JALマイラーにとっても有力な選択肢になると思います。

Amazonがポイントサイトから軒並み消えてしまっている、というのもありますが。

 

それから、楽天学割はポイントサイトから入会するのがおススメです。私が申し込んだのは無料期間があることと、ポイントサイトに案件が出ていたからです。年会費無料のサービスになり、これらポイントサイトの案件がどうなってしまうかは不透明です。

申し込み希望の方は早めにされた方が良いと思います。